合宿免許と費用の問題

合宿免許を受講するためには、まずは空いている入校日を確認した上で予約を行い、その後に指定の銀行口座に一括して費用の振り込みをしておかなければなりません。この合宿免許の費用についてですが、合宿をともなうという性質上、たとえばサマーシーズンのように誰もが海や山のレジャーに訪れるためにホテル、旅館の宿泊代金が高くなってしまう季節ほど割高になり、そうでないシーズンには安くなるというのが通例です。



それでも最低20万円台からというのが一般的であり、観光地のホテルのような場所に繁忙期に宿泊するプランの場合には、40万円台にもなってしまうということもあります。


このように、合宿免許は自宅通学に比べると比較的リーズナブルとはいわれるものの、絶対的な価格がそもそも高い以上は、費用を節約をするにも限度があります。



よくある節約方法としては、予約を何か月も前にすませて早期割引の適用を受けたり、友人知人と連れ立って申し込んでグループ割引の適用を受けたり、あるいは食事提供なしの自炊プランを選択したりといったことになります。

ほかには、ドライビングスクールが提携している信販会社などのローンを申し込み、一括払いではなく毎月の分割払いとすることによって、費用の負担感を少なくするという方法があります。



本人や両親が定職についていて将来的な収入のめどがあれば、審査に落ちることはあまりありませんので、こうした方法も考えてみてもよいかもしれません。